Pocket

交流会まずお伝えしたいのは、ビジネス交流会に参加しても95%仕事につながりません。

独立したばかりの税理士や司法書士、脱サラしたフリーランスなど、営業の場として使われるビジネス交流会や名刺交換会(以下、「交流会」)ですが、実際に仕事に繋がる可能性は5%程度です。

交流会に参加すると、名刺が増えるため営業したような気になりますが、ほぼ自己満足で終わり、実際の仕事にはつながっていないのではないでしょうか。

そこで、交流会が95%仕事につながらない理由を紹介します。

※この記事は、筆者独自の考えなので、全ての交流会に共通するわけではありません。予めご了承ください。

交流会への参加目的

交流会へ参加する人の目的の一例は次の通りです。

  1. 仕事相手を探すため
  2. 人脈を広げるため
  3. 仕事を頼む人を探すため
  4. 名刺を集めるため
  5. セミナーや勉強会への勧誘

交流会への参加目的は人それぞれですが、実際には1の「仕事相手を探すため」がほとんどです。

参加者のほとんどが仕事を探して交流会へ参加したのに、逆に他の参加者から営業トークをされるのが、交流会の現実です。

それでも、毎日どこかで交流会が開かれ、必ず誰かが参加しています。

それでも交流会が人気な理由

交流会ビジネスという言葉があるほど、一つのジャンルになっているほど人気があります。

交流会とくにビジネス交流会がなくならない理由は、独立したばかりの士業や脱サラしたフリーランスの限られた営業方法と思われているからです。

本来であれば、営業はどんな方法でもいいはずですが、開業したばかりだと、金銭的にも人的にも限りがあるため、手頃で簡単な営業方法が交流会となります。

交流会は、このような開業間もない士業やフリーランスを対象にしたビジネス(俗にいう「ひよこ食い」)の一面があります。

それでも、交流会に参加すると仕事につながる例もあります。

交流会で仕事に繋がる例

まれにですが、交流会に参加すると仕事につながることもあります。

まず、「仕事を頼みたい人」と会うことです。

仕事を探していると人と仕事を頼みたい人なので、利害が一致し、高確率で仕事につながります。

つぎに、同じ交流会に何十回と参加することで、交流会の主催者と仲良くなることです。

主催者と仲良くなることで、主催者の知り合いの仕事を紹介してくれる可能性があります。

ただし、主催者と仲良くなるためには、交流会へ何十回と参加するための費用が必要になります。

まとめ:営業目的で交流会へ参加しても95%無駄

営業目的でビジネス交流会へ参加しても、仕事にはつながらない理由を紹介しました。

この記事は、交流会への参加をしないほうがいいというものではありません。

営業目的での交流会への参加は、ほとんど仕事につながりませんというもので、営業目的ではない理由での交流会への参加は意味があります。

自分にできない仕事を頼みたいビジネスパートナーを探したい場合や、フェイスブックの友達を増やしたい場合などは、交流会はとても便利です。

なぜなら、普段知り合うことができない人達と知り合えるのが、交流会の大きなメリットだからです。

最後にFacebookの『シェア』のお願い

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

少しでも、ためになったりオモシロイと思ったらフェイスブックの『シェア』ボタンを押してください。(ボタンは記事下部にあります。↓)

これからも、優良なコンテンツを書き続けるために頑張りますので、興味のある記事を読んで頂けると幸いです。

Pocket