Pocket

デビットカード会社の面倒な業務のひとつとして現金精算があります。

営業は現金精算のために領収証の整理と出金伝票の記載をしなければなりませんし、

経理は現金精算のためのお釣りの用意と現金勘定を合わせる必要があります。

その煩わしさを解消するための一つの方法としてデビットカードがにわかに注目されています。

そこで、デビットカードについてまとめました。

デビットカードとは預金と紐付けされた即時決済用カード

デビットカードとは、預金と連結しているため、商品を買うときにデビットカードを出すと、預金口座から引き落とされます。

そのため、現金を使うことがありません。

会社用のデビットカードを使えば現金精算の必要がなくなります。

デビットカードのメリットは簡単さ

デビットカードのメリットとしては、

1.審査不要

銀行のキャッシュカードにデビットカードの機能が付いているため、クレジットカードのような審査がありません。

2.預金管理の簡単さ

預金残高しか使えないため、使いすぎる心配が少しですが減ります。クレジットカードは借入という認識が必要です。

デビットカードとクレジットカードの違いは精算時期

デビットカードは即時決済サービスなので、商品を買ったと同時に預金残高が減少します。

クレジットカードは、商品を買った時はクレジットカード会社が立て替えて払い、後日精算するサービスです。

また、発行会社がデビットカードは金融機関が中心であるのに対して、クレジットカードはローン会社が中心です。

デビットカードのサービス向上で利用者拡大

最近のデビットカードには、さまざまなサービスが追加されてきたため注目されてきました。

1.海外の買い物でも使える

2.海外で現地通貨が引き出せる

3.キャッシュバックなど付帯サービスの拡充

デビットカードのデメリット

デビットカードのデメリットとしては、次の点が挙げられます。

1.使える範囲が預金残高に限られる

2.ポイント還元率でクレジットカードに劣る

まとめ

最近注目を集めるデビットカードについてまとめました。

個人事業主やフリーランスの方は事業経費はデビットカードを使うと現金勘定がなくせて便利です。

当事務所では、法人の中小企業と個人事業主(フリーランス)の税務顧問をお手伝いします。

 

Pocket