Pocket

自分が税理士を目指したのが大学3年の時でした。

大学3年の8月に簿記論を受験しました。

その試験後は、就職活動をするか受験に専念するか非常に悩みました。

周りの友人は就職活動まっただ中で、皆一様にスーツを着て大学に来ます。
話題は自己分析やら面接の事ばかりです。さすがに焦りました。

しかも新卒のカードは一生で一度しか使えません。

しかし12月の合格発表で悩みはなくなりました。合格していたからです。
単純に勉強しようと決めてしまいました。今思えば浅はかな考えでした。
結局、税理士になるまで8年もかかってしまったのですから。

もし税理士試験をしようか就職活動をするか迷っている方に言えることがあるなら、

税理士試験で人生の一部を無駄にする覚悟がありますか。といううことです。

税理士試験は5年前後を勉強のために人生の一部を捧げるような覚悟が必要です。

それでもいいなら新卒カードを棒に振ってもやってもいいと思います。

逆に、その覚悟がなければ新卒カードを有効に使った方がいいような気がします。

新卒カードを使ってブラック企業に入社する可能性もありますが、税理士試験もブラックです。
まさに行くも地獄、引くも地獄の可能性があります。

自分の中のリトル自分と相談してはいかがでしょうか。

ただ税理士は、自分の知識で仕事ができますし、独立の可能性もあるのでおもしろい面もあります。

では、また。

Pocket