Pocket

米澤穂信の『王とサーカス』を読みました。

2016年のこのミステリーがすごい!の1位となった作品です。

ネパールという外国が舞台のトラベルミステリーで、伏線の回収が見事で楽しく読めた一冊です。

読書日和│米澤穂信『王とサーカス』

あらすじ&感想

主人公の太刀洗万智は、社内の人間関係から新聞社を辞め、知人の紹介を受け、旅行ガイドの取材でネパールに訪れる。

その取材中に、王宮内で国王を含む王族が王子に殺される事件が発生する。

太刀洗は、取材目的を王族殺害事件へ変更し取材を開始するが、インタビューをした取材対象が死体となって転がっていた。

2つの事件の関係性や、現地で知り合ったホテルの宿泊客や、現地の少年、地元警察など伏線が絡み合いながら真実へ進んでいく。

と言ったあらすじですが、感想としてはキレイに伏線が解消されて気持ちよく結末を迎えます。とても読みやすくて映画やドラマを見ているようにサクサク読めました。

また、トラベルミステリーの側面もあり、ネパールのカトマンズ市街の雰囲気も伝わってきて楽しく読めました。

最後に『シェア』のお願い

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。   少しでも興味が湧いたり、おもしろいと思ったらの『シェア』ボタンを押してください。(ボタンは記事下部にあります↓   優良なコンテンツを書き続けるために頑張りますので、興味のある記事を読んで頂けると幸いです。
Pocket