Pocket

美容室の開業は毎年2,000店近くあり、飽和状態や過当競争と言われたりしますが、その中でも成功している美容室があるのはなぜでしょうか?

税理士として美容室の開業を多く見ていると、開業してすぐに軌道に乗る美容師さんもいれば、なかなか順調にいかない美容師さんもいます。

年齢や性別、開業前の肩書きがほぼ同じでも、違いが出ることがありますし、技術力があっても必ず成功するというわけではありません。

そこで、経理を見てきた経験から、成功している美容師さんについてまとめてみました。

美容室の開業で成功する要素

1.開業資金が豊富

まず、開業資金や運転資金の豊富さがあります。

軌道に乗るまでの資金が豊富にあることで、開業時の営業や広告の手段が増えます。

飽和状態や過当競争と言われる美容業界で、他店との違いをつくるために、開業時の内装工事だけでなく、開業のホームページの制作や、ポータルサイトへの登録など広告で違いが作れます。

また、運転資金に余裕が有ることで、たとえ軌道に乗るまで時間がかかっても大丈夫という精神的な余裕も生まれます。「貧すれば鈍する」という言葉もあるくらいなので、ある程度の運転資金は必要なります。

2.人脈の多さと活用術

成功している美容師さんの多くが、開業前からたくさんの人脈があり、開業時の見込み客として活かしています。

また、その人脈を活かすために、FacebookやTwitterで美容室の空き状況や新商品の入荷などを発信しています。

また業界で知名度がある美容師さんは、それをホームページのプロフィールページで上手くアピールしています。

逆に、開業時に人脈がない場合や、人脈や知名度が活かせない立地の美容室(人里離れた住宅地など)は、ゼロから営業を始めるため、どうしても軌道に乗るまでの時間が必要になります。

3.精神的にタフ

開業して成功する美容師さんは、精神的な強さがあります。

開業前から絶対に成功するという強い意志があったり、軌道に乗るまで時間がかかっても必ず大丈夫という自信を持っています。

自信や覚悟があれば、必ず成功するというわけではありませんが、ないよりはあったほうが行動的になり、成功の確率が上がります。

自信の裏付けは人それぞれで、美容師としての技術や能力であったり、潤沢な運転資金であったり、美容師としての知名度や豊富な人脈などかもしれません。

まとめ:実力以外の成功の要素

成功している美容室の違いについてまとめてみました。

あえて、能力や実力以外の部分で成功する要素をまとめてみました。

もちろん実力も必要ですが、成功する人の多くは、自己アピールが上手な人であったり、営業能力が優れている人が多いような気がします。

この記事は、あくまでも、これまで見てきた経験から書いた、個人的意見ですがいかがでしょうか?

Pocket