Pocket

伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』を読みました。

前作『陽気なギャングの日常と襲撃』から9年ぶりの続編しかも書き下ろしです。

著者は他の作品では続編やシリーズと言われるのには抵抗があるようですが、本作に限っては続編を意識している。とのこと。

1作目から読んでいる『陽気なギャング』ですが、9年ぶりだったので、まさか続編が出るとは思っていませんでした。久しぶりにギャングに会えて楽しく読めました。

読書日和│伊坂幸太郎『陽気なギャングは三つ数えろ』

あらすじ&感想

『陽気なギャングは三つ数えろ』はシリーズ3作目で、1作目が『陽気なギャングが地球を回す』2作目が『陽気なギャングの日常と襲撃』ですが、どれも独立しているため、どの作品から読んでも楽しめます。1作目は映画化もされています。

主人公は、4人のギャングで本業とは別に銀行強盗をしています。それぞれが個性の強い性格をしています。

  • どんな嘘も見抜くリーダー的な存在の成瀬。でも・・・普段は真面目な公務員
  • 天才的なスリ師で動物を愛する久遠。でも・・・人間を信頼してない
  • 正確な体内時計を持ち、運転がうまい雪子。でも・・・普通の主婦?
  • よく喋る響野。・・・そしてやっぱり今回もトラブルメーカー

 

今回は、雪子さんの息子がホテルでバイトしている様子を、メンバー4人で観察しにいくところから物語が始まります。

そこに偶然いた火尻という記者が、小さなきっかけからメンバーの裏の顔に感づき、それぞれのメンバーに揺さぶりをかけてきます。

しかもギャンブルでつくった自分の借金まで肩代わりさせようと画策してきます。

そんな火尻記者に追い詰められるメンバーが最終的に取る手段が痛快です。

序盤から中盤にかけては、火尻記者の攻勢が続き、少し嫌な気分になりますが、最終的には前作同様に気持ちのいいクライマックスです。

響野さんのハチャメチャな理論や、普段優しい久遠の人間に対する冷ややかな意見など、伊坂ワールド全開で是非読んで欲しい一冊です。

 

なお、作中で、火尻記者の記事が原因で自殺する人物が登場しますが、そこでマスコミや芸能記者に対する考察があり変に納得しました。

『報道の自由』を盾に読み手が興味を持ちそうなことを書くのがマスコミで、それで誰かが不幸になったとしても、悪いのはメンタルの弱い本人や、直接手を下す読者という考え方です。たとえ裁判になって負けても、謝罪文を載せれば、それでこちらの責任は果たした。と考えています。

文藝◯秋しかり井上◯造しかり、芸能人の私生活をネタに飯を食っている人って大変な職業だなと思います。

また一方で、不倫や解散など興味のある記事タイトルを目にすると、読んでみたくなる自分もいます。それも悲しい事実です。

お気に入りの名言・名セリフ

イギリスの政治家『嘘には三種類ある。嘘、大嘘。そして統計だ』

『中傷から身を守る一番の方法は、自殺することだよ』

久遠『人間の悪い部分は、他社に助言できると信じているところだよ』

響野『たすけてください。久遠さま』

『人を怖がらず、馬鹿にせず、少し親切でいるだけでいいよ』←一番のお気に入り

成瀬『銀行強盗の副業は許す、という規則はたぶんない』

『締切は交渉次第で意外に延びる』

雪子『あと千三百秒くらい』

Pocket