Pocket

伊坂幸太郎の『首折り男のための協奏曲』を読みました。

タイトルだけ見ると何か物騒なイメージをしてしまいますが、内容は伊坂ワールド全開の少し風変わりだけど、ほっとするお話です。

7つの物語から構成されていますが、この7という数は頚椎の数と同じです。

読書日和│伊坂幸太郎『首折り男のための協奏曲』

あらすじ&感想

『首折り男の周辺』『濡れ衣の話』『僕の舟』『人間らしく』『月曜日から逃げろ』『相談役の話』『合コンの話』の7つの物語からできています。

それぞれの物語は独立していて主人公も別々の人?です。ただし、どれも首折り男にまつわる物語という点で共通しています。

首折り男の物語なので殺人が起きますが、サスペンスやミステリーではなく、どこか笑えて、ほっとする物語です。

お気に入りは『僕の舟』で、伊坂幸太郎の小説によく登場する黒澤と老婆が主人公の物語です。

初恋の相手についての調査を頼まれた黒澤と依頼主の老婆との会話で物語が進みますが、関連性のない会話や老婆のツッコミは他の作品と同様少し笑えます。ところが終盤になると、関係のない話がつながり、奇跡的で感動的なお話になります。オススメです。

なお、僕の舟とはスイヘーリーベと言えば、わかる人もいるかもしれません。

また、合コンの話でも、それぞれの思惑を持った男女の会話が、いままでの作品にない形式で書かれていて面白く、最後2,3ページで無意味に思えていた会話や人物が一本につながり、心温まる物語に一変します。

全体を通して気楽に読める作品なので、寝る前の読書にピッタリの一冊でした。

名言・名セリフ

大藪『時空のねじれってあると思うか?』

丸岡『世の中には、他人の生活を台無しにしても気にしない奴が結構いる・・・』

黒澤『彼の舟はどうだった』

神も仏もいやしない

木嶋『おい不細工』

Pocket