Pocket

美容室などの個人事業を開業する場合、開業資金の融資で頼りになるのが日本政策金融公庫です。

そして、日本政策金融公庫の融資制度のなかでも、開業時に使いやすいのが『新創業融資』『経営力強化資金』です。

新創業融資を知っている人はいても、経営力強化資金を知っている人は多くないと思います。そこで、これから開業しようとする美容師さんのために『新創業融資』と『経営力強化資金』の違いを比較してみました。

[関連記事]

日本政策金融公庫と銀行の大きな違い

開業するなら知っておきたい新創業融資と経営力強化資金の違い

融資制度の概要と融資条件の違い

2つの融資制度はどちらも、これから開業する人を対象とした融資制度ですが、その融資条件は少し違っています。

新創業融資は、日本政策金融公庫にある各融資制度について、無担保・無保証人という特例措置が使える位置付けになります。
この融資制度の条件は、大きく言うと次の3つとなります。詳しくは下記の詳細ページを参照してみてください。

  1. 創業要件・・・これから開業する方、または開業して2期以内であること
  2. 事業と経営者の要件・・・その事業や経営者が社会的に認められること
  3. 自己資金の要件・・・自己資金を一定額以上準備していること

[参考ページ]

新創業融資制度の概要

引用│日本政策金融公庫

対して、経営力強化資金の条件は、上記とは少し異なり、大きく言うと次の2つです。リンクを参照してもらうとわかりますが、新創業融資に比べて、融資の条件が少ないことがわかります。

  1. 事業と経営者の要件・・・創業または新しい事業分野へ挑戦する方
  2. 申請書の要件・・・自ら事業計画書を策定し、認定支援機関の指導・助言を受けていること

[参考ページ]

中小企業経営力強化資金の概要

引用│日本政策金融公庫

2つの融資制度の大きな違いは、『事業計画書の策定』と『認定支援機関の関与の有無』です。

事業計画書は通常作成する創業計画書よりも細かく3年から5年先のビジョンや数値目標を記載することになります。これを認定支援機関である税理士の支援を受けながら作成します。

[関連記事]

経営革新等支援機関で創業融資を受けるメリット・デメリット

融資限度額

  • 新創業融資・・・3,000万円 ※うち運転資金1,500万円
  • 経営力強化資金・・・ 7,200万円 ※うち運転資金4,800万円 ※国民生活事業のみ

[関連記事]

データで見る美容院の開業資金の必要金額と調達方法

担保・保証人

  • 新創業融資・・・原則として無担保・無保証人 ※一部例外あり
  • 経営力強化資金・・・2,000万円までは無担保・無保証人

利率

  • 新創業融資・・・2.35%~0.95%
  • 経営力強化資金・・・1.85%~1.45%

※2016年8月10日現在の利率
※利率は、さまざまな条件によって異なるため、利率の一覧表と一致しない場合があります。

[参考ページ]

利率一覧表

引用│日本政策金融公庫

返済期間

  • 新創業融資・・・各融資制度に定める返済期間※
  • 経営力強化資金・・・設備資金は20年以内(うち据置期間は2年以内)、運転資金は7年以内(うち据置期間は2年以内)

※新創業融資(無担保・無保証人特例)が利用できる融資制度

  • 新規開業資金
  • 女性、若者/シニア起業家資金
  • 再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)
  • 新事業活動促進資金
  • 食品貸付
  • 生活衛生貸付(一般貸付、振興事業貸付および生活衛生新企業育成資金に限ります。)
  • 普通貸付(食品貸付または生活衛生貸付(一般貸付)の対象となる方が必要とする運転資金に限ります。)
  • 企業活力強化資金
  • IT資金
  • 海外展開・事業再編資金
  • 地域活性化・雇用促進資金
  • 事業承継・集約・活性化支援資金
  • ソーシャルビジネス支援資金
  • 環境・エネルギー対策資金
  • 社会環境対応施設整備資金
  • 企業再建資金(第二会社方式再建関連に限ります。)

まとめ:創業融資でも条件はいろいろ

これから開業する人のために、新創業融資と経営力強化資金の概要や違いについて比較してみました。オススメは、事業計画書の策定が少し面倒ですが、利率で優遇される経営力強化資金です。

新創業融資は知っていても経営力強化資金については知らなかった人もいるのではないでしょうか。この記事を機会に、美容師の開業で利用してみてはいかがでしょうか。

創業融資に強い税理士事務所
Pocket