Pocket

転職することが一般化しているなかで、同じ職場で長く働くことは一つの能力だと思います。

税理士でも独立する人が減り、同じ職場で社員税理士(会社で言う役員)を目指す人が増えてきました。

そこで、税理士が会計事務所や税理士法人で長く働き出世するために、必要となる能力や性格を考えてみました。出世と転職

ストレスに耐える忍耐力

同じ職場で働いていると、ストレスや不満が募ってきます。

上司からの無理な要求や、部下から不満を言われることもあります。

出世する人は、そのようなストレスや不満に対して、耐える強さがあります。

この忍耐力は、何十年と耐える必用があるため、その人の能力と言っていいほどです。

仕事ができる実力

出世する人は、当然ですが仕事ができて、周りから一目置かれている存在です。

多くの業務をこなしながら、社内の管理業務もこなすため、業務能力と管理能力の両方が必要となります。

なお、周りの人には、社内の人だけでなく、同じ業界の社外の人も含んでいます。

対外的な営業や折衝が増えてくると、自然と社外の人にも認知度が高まります。

人間関係を築ける人間力

出世する人は、上司からの評価が高いだけでなく、部下からも信頼されています。

上司からの要求に応えつつ、部下からの声を聞くことは大変ですが、出世する人ほど、上手く対応しています。

もちろん本人としては、ストレスが溜まることもあると思いますが、そこは忍耐力がモノをいいます。

まとめ:出世できる能力は転職で成功する能力とは別もの

税理士が同じ職場で出世するために必要な能力をまとめました。

出世には、上記だけでなくさまざまな要素がありますが、重要な大きな要素は忍耐力だと思います。

また、出世に必要な能力は、転職して成功する能力とは別ものです。

転職には出世よりも実践的で即効性の能力が必要になるはずです。

[関連記事]

転職に必要なスキル税理士会計士の転職に必要な3つの能力!

最後に『シェア』のお願い

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。   少しでも興味が湧いたり、おもしろいと思ったらの『シェア』ボタンを押してください。(ボタンは記事下部にあります↓   優良なコンテンツを書き続けるために頑張りますので、興味のある記事を読んで頂けると幸いです。
Pocket