Pocket

異業種交流会に参加しても仕事につながらないと悩んでいませんか。

営業マンにとって人脈は重要ですが、広げるだけでは意味はなく、強い人脈に育てることが重要になります。

強い人脈を広げることで、仕事につながる確率は、何十倍に高まります。

そこで、ビジネスに繋がる強い人脈の広げ方を紹介します。

ビジネスに繋がる強い人脈とは

STEP1:異業種交流会への参加

人脈が全く無い人は、異業種交流会で最初の人脈をつくりましょう。

ここで、多くの人と名刺を交換して、最初の一人目と知り合いましょう。

ここでの人脈は、売上につなげることよりも、次の人脈へ繋げることを意識しましょう。

そのため、『話しやすい人』『人脈が広そうな人』と積極的につながりを持つと有効です。

STEP2:個別に直接会う

次に、STEP1で知り合った人と、直接会いましょう。

会って話す内容は、お互いの事業の内容について紹介します。その際パンフレットがあると便利です。

決して、最初から誰かを紹介して欲しいと言ってはいけません。相手を失望させてしまいます。

そして、話が終わった頃に、まず相手が求めるビジネスパートナーを聞き出し、知り合いがいれば紹介してあげましょう。

その上で、こちらの求めるビジネスパートナーを紹介してもらいましょう。

そのときに、適当な人がいなく紹介してもらえないときは、同業者を紹介してもらって次へつなげましょう。

先に、こちらから紹介することで、相手もお返しをしなければならない。という気持ちにさせる効果があります。

STEP3:褒める

紹介された時点で関係が終わると、人脈の広がり方が弱くなります。

そこで重要なのが『褒める』という行為です。

紹介先の人物に会ったときに、紹介元の人物の素晴らしい所言って褒めましょう。

すると、紹介先の人物が、褒めていたことを紹介元に言うことで、自分が褒めるよりも何倍も効果を発揮します。

そうすることで、強い人脈を育て、次の紹介へつながりやすくなります。

まとめ:弱い人脈から強い人脈へ育てる

人脈の広げ方。そして強い人脈の作り方を紹介しました。

強い人脈は、弱い人脈の何倍も仕事につながりやすくなります。

そこで重要なポイントが、『先に紹介する』『褒める』ということです。

これを意識するだけで、人脈が広がり、強い人脈になり、ビジネスにつながります。

最後に『シェア』のお願い

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

少しでも、ためになったりおもしろいと思ったらの『シェア』ボタンを押してください。(ボタンは記事下部にあります↓

これからも、優良なコンテンツを書き続けるために頑張りますので、興味のある記事を読んで頂けると幸いです。

Pocket