Pocket

美容師が独立するには、開業資金として平均して900万円から1,000万円の費用が必要となります。

自己資金では到底足りないので、融資を申し込むことになりますが、そのときに必要なのが事業計画書です。

事業計画書とは、開業の動機や経験年数・サービスなど、お店と経営者に関する情報を記載しますが、そのなかに、収支の予想も書かなければなりません。

スタイリストとして働いている時は、経営の勉強はしていないため、難しいと感じるかもしれませんが、コツが分かれば誰でも簡単に作成できます。

そこで、これから融資を申し込む美容師のために、未来の収支の算定方法をまとめました。

記事の後半には、数字を入れると簡単に収支計算できるエクセルシートがあります。

事業計画書

事業計画書とは

事業計画書とは、日本政策金融公庫などの金融機関から融資を受ける際に、融資申込書と一緒に提出する書類です。

事業計画書の記載項目は以下のとおりです。

  • 創業動機・・・開業の動機「良い物件を見つけたから」など
  • 事業経験・・・専門学校や美容院での勤務年数
  • 商品・サービス・・・取扱商品・セールスポイント「カット3,500円、ヘッドスパ」など
  • 取引先・・・美容院であれば個人100%
  • 必要資金・・・開業時の設備投資と当面の運転資金
  • 調達方法・・・自己資金と創業融資
  • 事業の見通し・・・開業時と軌道に乗った後の収支予測

[参考ページ]

事業計画書のエクセルシートと記入例

引用│日本政策金融公庫

収支の見通しの書き方

収支の見通しは、開業当初と軌道に乗った後の2パターンを作成します。

2つの違いは、客単価や客数・回転数を変えることで、調整できます。

事業計画書/収支の見通し

売上高

客の平均単価(円)×椅子の数(台)×椅子の回転数(回転)×1ヶ月の営業日数(日)

客の平均単価は、サービスの価格をもとに、おおよその金額を見積ります。なお美容院の実態調査のデータによると、4,000円から6,000円が最も多くなっています。

椅子の回転数は、一日に美容椅子が何回稼働するかを見積もります。営業日数は休日を除くため25日前後となります。

(例)4,000円×2台×2回転×25日=400,000円

売上の収支予想のコツは、希望的数値ではなく、現実的な数字を入れることです。そうすることで開業後の資金繰りの悪化を防げます。

経費

経費も項目ごとに一つひとつ見積もります。

算定のコツは、開業後の資金繰りを考慮して、多めに見積もることです。(売上と逆)

[関連記事]

【保存版】美容室の経理でよく使う23の勘定科目まとめ

原価

売上高合計(円)×原価率(%)

原価とは、仕入など売上の増加に比例して増える経費をいいます。そのため売上に原価率を乗じて計算します。(平均15%前後)

人件費

従業員数(人)×月額給与(円)

人件費は、従業員数と給与から算定します。個人で美容院を開業する場合は、従業員は0人または1人で始める人が最も多くなっています。

[関連記事]

給与や報酬で源泉所得税を天引きしたときの2つの仕訳方法

家賃

家賃は、毎月の店舗のテナント料と共益費の合計額となります。

融資の申込時には、不動産の契約を済ましていることが多いため、契約書から転記できます。

[関連記事]

失敗しない美容室の立地の2つの必須条件

支払利息

借入金の元本(円)×利率(%)×1/12

”収支の予想=利益の予想”のため、元本の支払いは考慮しません。

また、1ヶ月分の収支のため、12等分して毎月の支払利息を算定します。

その他

その他の支払いは、水道光熱費・少額の備品・広告(ホットペッパービューティー)など毎月発生する支払いを見積もります。

無料エクセルシートのダウンロード

上記の計算要素をまとめたエクセルシートを作成しました。

下記のフォームを入力して、ダウンロードページから取得してください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ ※開業のお悩みなどご相談ください!

まとめ:収支の予想は誰でもできる

事業計画書の収支の見通し欄の書き方をまとめました。

作成のコツは、『店の明確なビジョンを持つこと』『現実的な数字で作成すること』です。

エクセルシートをダウンロードして、収支を予想してみましょう。

創業融資に強い税理士事務所
Pocket