Pocket

税理士の変更税理士の広告解禁で、事業者が税理士を選ぶ時代になりました。

そのため、顧問税理士を変更する事業者も増えています。

しかし、いざ税理士を変更しようとする場合に、前の税理士とトラブルになってしまうケースもあります。

そこで、円満に税理士を変更するための5つのポイントをまとめました。

円満に税理士を変更するための、5つのポイント

  1. 必要な資料をすべて取得する
  2. 前の税理士を刺激しない
  3. 次の税理士を決めておく
  4. 事業年度の区切りで変更する
  5. 前の税理士との契約書を確認する

必要な資料をすべて取得する

税務や会計には、行政機関に提出した届出書や申告書、それまでの会計データ、税理士に預けていた資料などが必要となります。

これらの資料は、変更後の税理士から必ず請求されるため、予め前の税理士から取得しておきましょう。

ケンカ別れをすると、後から請求しづらいため、事前に回収しておくことが重要です。

  • 行政機関へ提出した届出書一式
  • 総勘定元帳または会計データ
  • 過去数年分の税務申告書
  • 預けていた資料一式

前の税理士を刺激しない

税理士を変更する理由はそれぞれですが、何かしらの不満があるからだと思います。

変更するときは、文句など非難をしたくなると思いますが、トラブルを避けるために、できるだけ相手を刺激しないようにしましょう。

変更理由を聞かれた場合は、「親戚の税理士にお願いする」など当たり障りのない理由が有効です。

前の税理士の言い分もあると思いますが、一方が口撃しなければ、ケンカにはなりません。

[参考ページ]

やわらかいこころをもちましょう (全国キャンペーン)

引用│ACジャパン

次の税理士を決めておく

握手税理士を変更したい場合は、あらかじめ次の税理士を決めておきましょう。

税理士との契約が切れている期間も、事業が継続するので、会計がストップしてしまいます。

会計はできるだけ、切れ目がないほうが、スムーズに移行できます。

事業年度の区切りで変更する

税理士を変更する場合は、事業年度が終わるタイミングで変更しましょう。

事業年度の中途に変更すると、仕訳方法や会計事務所のやり方が問題となり、引継ぎがスムーズに行かないことがあります。

事前に変更する旨を伝えておき、事業年度が終わったところで変更するの有効です。

前の税理士との契約書を確認する

税理士を変更する場合は、前の税理士と交わした契約書を確認しておきましょう。

一般的な税理士の契約書では、契約解除に事前に伝えることとなっていますし、それに違反した場合は違約金を設定しているものもあります。

突然の税理士変更で違約金を請求されることで、トラブルとならないためにも、契約書は確認しておきましょう。

まとめ:税理士の変更は都市部で増加

円満に税理士を変更する場合の5つのポイントをまとめました。

最近では、税理士の競争も激しくなり、税理士を変更する事業者も増えています。とくに都市部ではその傾向が顕著です。

この記事を読んで、税務会計のスムーズな移行を目指しましょう

最後に『シェア』のお願い

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

少しでも、ためになったりオモシロイと思ったらの『シェア』ボタンを押してください。(ボタンは記事下部にあります↓

これからも、優良なコンテンツを書き続けるために頑張りますので、興味のある記事を読んで頂けると幸いです。

Pocket