Pocket

勘定科目セミナーを開催するために借りた貸し会議室の勘定科目は、会議費でしょうか?それとも地代家賃や研修費でしょうか?

どちらも賃貸という意味では同じですが、会計上は勘定科目を区別する必要があります。

このように勘定科目には、同じ内容の支出でも、勘定科目を区別するものがあります。

そこで、中小企業の経理担当者のために、勘定科目を決めるコツを紹介します。

勘定科目は名目ではなく目的で決める

勘定科目を決める要素は、「名目」ではなく「目的」です。

つまり、「何に支出したか」ではなく「何のために支出したか」で決めます。

そのため、同じ名目の支出であっても、勘定科目が異なることがあります。

貸し会議室の勘定科目

貸し会議室貸し会議室の勘定科目も目的によって変化します。

会議用に借りた場合は、会議費となります。

研修用に借りた場合は、研修費となります。

セミナー用に借りた場合は、セミナー運営費を設定して、テキスト代などとまとめると分かりやすくなります。

ガソリン代の勘定科目

ガソリン代ガソリン代も目的よって勘定科目が変化します。

通勤用車両のガソリン代は、旅費交通費となります。

営業用車両のガソリン代は、車両費となります。

ちなみに関係ないですが、石油ストーブの灯油代は、水道光熱費となります。

タクシー代の勘定科目

タクシー代タクシー代も目的よって勘定科目が変化します。

ゴルフ接待時のタクシー代は、接待交際費となります。

営業の移動時のタクシー代は、旅費交通費となります。

祝儀・香典など慶弔費の勘定科目

慶弔費の場合は、相手によって勘定科目が変化します。

取引先への慶弔費は、交際接待費となります。

従業員への慶弔費は、福利厚生費となります。

まとめ:勘定科目を決めるのは目的

目的によって変化する勘定科目をまとめました。

この他にも、迷うような勘定科目が出てくるかもしれませんが、支出の目的を考えれば、勘定科目が自然と決まります。

慌てずに勘定科目を処理しましょう。

最後に『シェア』のお願い

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

少しでも、ためになったりおもしろいと思ったらの『シェア』ボタンを押してください。(ボタンは記事下部にあります↓

これからも、優良なコンテンツを書き続けるために頑張りますので、興味のある記事を読んで頂けると幸いです。

Pocket