Pocket

JWord2015年12月にJWordの広告を始めました。

この記事を書いているのが2016年5月なので半年ほど経過しました。

そこで、JWordの広告の効果を報告します。

※この記事は、あくまで個人的な効果を示したもの主観です。予めご了承ください。

キーワード広告のJWordとは

JWord広告とは、GMOグループが運営するキーワード広告です。

「品川 相続」などのキーワードを設定すると、そのキーワードで検索されると、検索結果の1ページ目に表示されるものです。

一つのキーワードは一社しか設定することができないため、狙いのキーワードが使われていると、別の会社はそのキーワードを使えません。

 

検索結果はリファラ(Referer)で確認

自分のホームページが、どのような流入経路で辿りついたかは、リファラから確認することができます。

このホームページは、Word Pressで作成されていますが、Jetpackというプラグインを導入すると確認できます。

ちなみに、この半年のリファラの検索結果は下記のとおりです。

Referer

検索結果を見ると、JWordからの流入は26しかありませんでした。正直JWordの広告効果はないと判断しました。

ちなみに、googleの検索キーワードからの流入は8600で、ほとんどの訪問者が検索からと分かります。

twitterやFacebookからの流入が少ないのは、始めたのが間もないからでしょう。

まとめ:JWordの広告契約は継続しないでしょう

半年使ってみたJWord広告の報告レビューを書いてみました。

結果は正直がっかりです。次の契約更新はしないと思います。

契約した半年前は、ホームページを始めたばかりで、とりあえずアクセス数を上げたかったので、焦って契約してしまった自分を反省すべきでしょう。いい勉強になりました。

やはりホームページの影響力を高める秘訣は、「魅力的なコンテンツ」と「継続」のようです。お金に頼ってはいけません。

なお、繰り返しますが、これは個人的な結果ですので、他の人では異なる結果になる可能性もあります。

この記事は、一個人のブログであることを、お見知り置きください。

最後に『シェア』のお願い

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

少しでも、ためになったりオモシロイと思ったらの『シェア』ボタンを押してください。(ボタンは記事下部にあります↓

これからも、優良なコンテンツを書き続けるために頑張りますので、興味のある記事を読んで頂けると幸いです。

Pocket