Pocket

税務署確定申告時期に税務署に行くと、あまりの混雑ぶりにうんざりしたことはないでしょうか?

個人の確定申告は、法人と異なり、誰でも3月15日までに管轄の税務署に提出しなければなりません。※法人は決算期を自由に選べます。

そこで、面倒な確定申告を少しでもスムーズに済ませるために、税務署が空いている時期とその理由を紹介します。

確定申告の提出開始

確定申告書には提出期間があります。

それは2月16日から3月15日までの一ヶ月間です。

ただし、還付を受けるために確定申告をする場合は、2月16日より前でも受け付けてもらえます。

税務署に行くなら2月の終わり頃が空いている

確定申告時期の税務署は混雑していますが、2月の割頃は空いているため狙い目です。

なぜ2月の終わり頃が空いているかというと、確定申告に対する意識の違いが大きな理由です。

2月初め頃に税務署が混む理由

確定申告が開始する2月15日から一週間程度は、税務署が混雑します。

これは、確定申告に対する意識が高い人が、待ってましたとばかりに税務署に行くからです。

確定申告に対して意識が高い人は、年末から準備を始め、2月の初めには確定申告の準備が完了しています。

あとは、不明事項を確認して提出するだけのため、早く終わらせたいという気持ちから、2月初めの税務署は混雑する結果となります。

3月15日前の税務署が混む理由

逆に、3月10日から15日までが混雑する理由は、確定申告に対する意識が低い人が、ギリギリに資料を集めて税務署に殺到するからです。

確定申告が必要なのは分かっていますし、控除証明書や源泉徴収票をもらうとソワソワしますが、実際に行動に移さない人が、ギリギリになって慌てて税務署に行きます。

学生が試験前に、計画を立てて勉強しようと考えつつも、実際に勉強するのはいつも前日だけというのと似ています。

税務署の混雑を避けるなら、隙間の2月の終わりが狙い目

上記の理由から、税務署の混雑を避けようとするならば、2月の終わり頃がベストになります

『確定申告の意識が高い人が殺到する2月の初め』と『確定申告の意識が低い人が殺到する3月15日前』の間の2月の終わりが、税務署が空いている時期になります。

まとめ:準備は早めに、提出は2月の終わりから3月初め

税務署が空いてる時期とその理由を紹介しました。

確定申告のおすすめタイムスケジュールは、準備は前年末から始めて、実際に不明点を確認して提出するのは、2月の終わりから3月の初め頃がベストです。

くれぐれも、3月に入ってから準備するのはやめましょう。

Pocket