Pocket

簿記でつくる家計簿┃住宅ローンの返済簿記で家計簿を付ける場合、自宅を購入した人は毎月の住宅ローンの返済があります。

住宅ローンの返済は、簿記では、元本部分と利息部分に分けて考えます。

元本と利息を分けて考えることで、正確な住宅ローンの残高を把握できます。

まずは、設定シートで住宅ローンの残高を入力しておきましょう。

住宅ローンの返済の区分

住宅ローンの返済のうち、元本部分は債務、利息部分は支出として分けて考えます。

勘定科目の区分勘定科目の区分

返済の仕訳

住宅ローンは、簿記では元本を負債、利息を費用とします。

そのため、簿記では、『債務が減少すると借方へ』『費用が発生すると借方へ』記入します。

負債の減少(返済)は借方へ仕訳の区分

費用の発生(利息)は借方へ仕訳の区分

日商簿記検定との違い

簿記でつくる家計簿の住宅ローンの返済は、日商簿記検定とほとんど同じです。(勘定科目の違いがありますが。)

とくに、債務と支出(費用の違い)は日商簿記検定でも重要です。

住宅ローンの返済時の仕訳例

住宅ローンの元本部分

住宅ローンを返済した場合の元本部分は、住宅ローン(負債)の減少と、普通預金(資産)の減少で処理します。

なお、元本部分は、借入先の返済予定表から確認できます。

住宅ローンの仕訳例

住宅ローンの利息部分

住宅ローンを返済した場合の利息部分は、住宅ローンの利息(支出)の発生と、普通預金(資産)の減少で処理します。

なお、利息部分は、借入先の返済予定表から確認できます。

住宅ローンの仕訳例

簿記でつくる家計簿のエクセルシート

簿記でつくる家計簿のエクセル-シートをダウンロードできます。

簿記の知識がない人でも入力できる簡単仕様です。

是非挑戦してみましょう。

[ダウンロード]

『簿記でつくる家計簿』

引用┃DLmarket

まとめ:収益の累計をチェックしよう

「簿記でつくる家計簿」の「住宅ローンの返済」を紹介しました。

正確に仕訳を計上するには、元本部分と利息部分をしっかり分けることがポイントです。

税理士による簿記の個別指導

日商簿記検定の3級または2級を学びたい人のために、税理士が個別指導方式でお教えします。

【募集要項】

  • 科目・・・簿記3級または2級
  • テキスト・・・生徒が用意した市販のテキスト
  • エリア・・・品川区・大田区・世田谷区
  • 指導場所・・・喫茶店・生徒自宅・弊社事務所
  • 指導日・・・週1回~週2回
  • 指導時間・・・応相談
    (例)出勤前/日中/出勤後の1時間から2時間
  • その他・・・企業の経理課へ出張指導も可能

【応募方法】

お問い合せフォームより希望条件等をお伝え下さい。

Pocket