Pocket

ビジネスワードよく聞くビジネスワード。しかし使うことはめったに無いので意味は知らない。

そんな今さら人に聞くことでもないようなビジネスワードをまとめてみました。

今回は、役員編ということで外資系の会社で使われる役員の名称についてまとめてみました。

よく使われる役員の名称

CEO

  • 正式名称 Chief Executive Officer
  • 日本語訳 最高経営責任者
  • 意味 法人の経営部門の代表。日本の場合は社長(代表取締役)のことでしょう。

COO

  • 正式名称 Chief Operating Officer
  • 日本語訳 最高執行責任者
  • 意味 CEOの経営方針に従って経営を指揮する責任者。中小企業の場合は社長自身が経営方針を考え実際に指揮することがほとんどでしょう。

CFO

  • 正式名称 Chief Financial Officer
  • 日本語訳 最高財務責任者
  • 意味 法人の財務部門の代表。日本の場合は経理部長など会社の財務管理の責任者

CCO

  • 正式名称 Chief Compliance Officer
  • 日本語訳 最高コンプライアンス責任者
  • 意味 法人のコンプライアンス(法令に遵守していること)部門の責任者。日本の場合は法務部門がるだけで珍しいと思う。

CIO

  • 正式名称 Chief Information Officer
  • 日本語訳 最高情報責任者
  • 意味 法人の情報戦略部門の最高責任者

CTO

  • 正式名称 Chief Technology Officer
  • 日本語訳 最高技術責任者
  • 意味 法人の技術戦略や研究開発方針を立案、実施する責任者

まとめ

今回は、よく使う役職の一部ですがまとめてみました。(他にもさまざまな名称があるようです。)

これらのビジネスワードは主に、アメリカの企業で使われるものなので、日本の企業風土になじまないものも多い印象です。

ただし、日本独自の組織の中で、C□Oをユニークに使っている企業もあるようです。

バンダイナムコでは、ガンダム部門の責任者をCGO(Chief ガンダム Officer)と呼び、

たまごっちの最高責任者をCTO(Chief たまごっち Officer)と呼ぶそうです。(今もあるかは不明)

こう考えると何でもできそうな気がしてきます。

飲み会の幹事をCNO(Chief 飲み会 Officer)と呼べますし、

お花見の幹事をCFO(Chief 花見(Flower) Officer)と呼ぶのも季節感があっていいです。

最高ランチ責任者CLO(Chief ランチ Officer)はランチ情報をブログにアップしましょう。

皆さんの会社でも一人ひとつの責任者を任命してはいかがでしょうか。

では、また。

Pocket