Pocket

会計事務所の服装会計事務所では、どのような服装が適しているのか迷っていませんか。

この記事を書いているのは男性ですが、この悩みは男女ともにあるものだと思います。

会計事務所なので硬めの服装がいいのか?多少崩した服装でもいいのか?周りに変な目で見られないか?など不安が付きものです。

結論から言えば、会計事務所の服装に特徴はありません。しかし、場面に合わせた服装はあります。

そこで、会計事務所で好まれる服装をパターン別に紹介します。

会計事務所の中の服装

会計事務所の中の服装は、事務所の方針にもよりますが、一般的には男性はスーツ、女性はスーツまたは制服です。

スーツの柄は、外資系だと明るい色が多いですが、中小の会計事務所では、落ち着いた色のスーツが一般的です。

というのも外資系の会計事務所は、顧問先の規模が大きいため、スーツも明る目になりますが、中小の会計事務所ではスーツはおしゃれではなく作業着に近い感覚です。

つまり、厳しいルールはありませんが、会計事務所の雰囲気に合わせることが求められます。

不安な場合は服装のルールを確認しておくほうがいいかもしれません。

顧問先に会う時の服装

会計事務所の顧問先は、大企業もいますが、中小企業や同族会社、個人商店がほとんどです。

そのため、目立つ服装は好まれません。

とくに、初めて会うお客さまに対して、悪い印象を与えるような服装は避けるべきです。

これを考えると、やはり服装は無難なものになってきます。

なお、独立した税理士のなかには、スーツを着ないという人もいますが、決して”だらしない”ということではありません。

女性の会計事務所職員としての服装

会計事務所の職員のうち、女性の服装ですが、これはそれぞれ違うようです。

正社員の場合は、お客様の対応があるためスーツ着用の事務所が一般的です。

しかし、制服が支給される会計事務所もあり、外出する際はスーツに着替えなければならないことがあります。

アルバイトの場合は少し状況が変わり、外出がなく内勤中心であれば私服でも構わないところが多いようです。

不安な場合は、就業前に服装や髪の色などのルールを確認しておいてもいいかもしれません。

まとめ:会計事務所っぽい服装とは

結局のところ、会計事務所の服装に決まりはありません。

服装で大事なのは、お客さまに不快な思いをさせないことではないでしょうか。

かといって服装に労力をかけるは大変なため、考え過ぎないようにしたいのが本音です。

男性なら地味目のスーツを着ておけば形になりますが、女性は男性よりも気を使うことが多く大変です。

どうしても派手目の服装がしたい場合は、上手に着こなして相手に不快感を与えないようにすればいいと思います。

Pocket