Pocket

女性税理士

税理士の数は市場に対して過剰な状態になったと言われています。

そのなかで、税理士が独自性を打ち出して他の税理士と差別化するのは大変なことです。

しかし、女性ということが既に税理士としての独自性を発揮することがあります。

そこで、女性税理士についてまとめてみました。(2015年10月追記分)

女性税理士の割合

税理士実態調査によると、平成25年における税理士のうち女性の割合は12.8%(4,197人/32,747人)でした。

さらに、独立していない補助税理士のみ見ると、その割合は28.6%と高くなっています。

また、東京での女性税理士の割合は17%と高く、地方より東京では女性の社会進出が進んでいるようです。

女性の社会進出が進む昨今で、女性税理士の割合は1割を超え、さらにその割合は増えていくことが予想できます。

女性税理士のうち独立している人はまだ少ないですが、この割合も今後増えていくでしょう。

女性税理士のメリット5選

収入や年収のメリット

給与体系は事務所によって異なりますが、筆者が知っている限りでは、女性税理士の年収は低くありません。

男性と比較しても同水準で、仕事ができる人であれば、むしろ男性よりも高い年収でしょう。

結婚と子育て

女性税理士だからといって仕事が命というわけではありません。

筆者の知っている女性税理士は、みんな結婚していますし、子供もいます。

そして子育ての環境ですが、これは事務所の福利厚生に左右されることもあるので就職の際の確認は必須でしょう。

キャリアアップ

女性税理士の割合を見ると、補助税理士の割合が高く独立するというよりも税理士事務所の中で働く人が多いようです。

しかし、女性の社会進出がすすむ昨今では、独立して一人で事業をする女性税理士も増えるでしょう。

税理士であれば女性だからといって独立できないことはありませんし、むしろ女性であることが強みなることもあるでしょう。

女性ならではの強み

女性の社会進出は税理士の中だけではありません。一般社会のほうがむしろ進んでいて女性経営者も多いです。

女性経営者にって話しやすいのは同じ女性だと思います。

税理士はまだまだ男性社会ですが、女性税理士の強みはかならずあるはずです。

女性税理士が少ない

女性税理士は今後増えていきますが、その割合はまだ12%で東京で言えば17%です。

女性税理士の割合が少ないということは、それだけ貴重だということです。

男性の税理士であれば自分のアピールポイントを探さなければなりませんが、

女性であるというだけでアピールポイントになってしまいます。

☆女性税理士ブログまとめと紹介文☆

元CA・札幌の女性税理士ブログ

日本航空を退職後、一念発起して税理士試験に挑戦!
日常の仕事のこと、子育ての話、ファッションの話、思いのままにつづっています。

渋谷で開業中☆女性税理士 野田美和子のブログ

皆様の身近な「税務」「会計」「経理」の相談役として、税務申告のほか、経理支援、起業支援などに力を入れております。
親しみやすい雰囲気作りを心がけております。
まずはお気軽にご相談ください!

久留米市の女性税理士ブログ

平成24年10月に開業した坂口税理士事務所のオフィシャルブログです。福岡県久留米市を中心に営業中。おかげさまで開業4年目に突入しました。

東京都文京区の女性税理士 木戸真智子のブログ

会計で会社を強くする。経営者の夢を実現するビジネスパートナー。
東京都文京区の女性税理士事務所です。

足立区で確定申告なら女性税理士の田村麻美

 

国際税務・外資系の会計専門 税理士 渕香織のブログ ふっち

 

女性税理士のブログ ~お金も心も満タンに! – 益田税理士事務

節税、税務調査、税制改正、国際税務はじめ 経営に関するお知らせを配信しております。

まとめ

女性税理士は今後どんどん増えていくことが予想されます。

ただし、税理士事務所が女性税理士をサポートする環境がまだ整っていないのも現状です。

女性税理士の離職しても戻ってこれるようにするなどの環境整備がこれからの課題ではないでしょうか。

なお、筆者の最初の師匠は年下の女性税理士でしたが、非常に優秀な方です(泣)

では、また。

 

 

Pocket