Pocket

シンプル会計だと現金勘定を使わない

会社で経理をするうえで効率的でないなと思うのが現金勘定です。

経理をやっている方なら現金勘定を合わせるのに苦労しているのではないでしょうか。

この現金勘定を合わせるのに経理スタッフの人件費が発生するのはもったいないような気がします。

現金勘定を使わない方法

そこで、現金勘定を使わない方法を2つ紹介します。
他にも方法があるかもしれませんが、まずは簡単で取り入れやすい方法です。

  1. カード決済にする
    現金で払っていたものをカード決済にしてしまえば現金は使わなくて済みます。
    交通機関もSuicaなどで対応できます。
    今はキャッシュレス化がすすでいるので、ルールを作って徹底すれば出来なくもないと思います。
  2. 立替精算方式にする
    現金支払い時は、使った人が一旦立替払いにします。
    その後、一ヶ月分の金額をまとめてもらい、それを給与と一緒に振り込みます。そうすると、現金はどこにも発生しません。

このように、現金を使わないことで経理をシンプルにすることが出来ます。

シンプル会計によって経理は効率化できます。

経理を効率化して、それをマニュアル化すると経理をバイトに任せても同じ結果になり人件費が減ります。

経理の負担が減れば、予算管理など一段ステップアップした仕事をする時間的余裕が生まれます。

中小企業は、常に人手不足ですが、それは効率化する方法を知らないからではないでしょうか。

シンプル会計は、中小企業の人手不足を解消するメソッドです。

では、また。

Pocket