Pocket

顧問先は経営分析を求めていない

先日、居酒屋さんの決算が終わりました。

その顧問先は、資料をなかなかくれません。

決算間際になってくれる時は領収証や請求書をレジの袋に入れてきます。

こちらとしては、整理やら入力やらで泣きたくなります。

現在勤めている会計事務所は経営分析に力を入れています。

毎月、試算表の他に、残高明細や損益推移表、キャッシュフロー計算書、

前年同月比表を作っています。

しかし、この居酒屋さんにとって、経営分析は興味がありません。

もちろん、経営分析が大好きで、毎月の試算表を待っている人もいるのも事実です。

顧問先にとって重要なのは店を続けること

決算後に客として居酒屋に行って経営者の方と話していると、

会計事務所と経営者の考え方のズレが分かりました。

会計事務所はいろいろな数字を使って顧問先の経営に貢献しようとします。

しかし顧問先のなかには、経理をやるのが面倒なので会計事務所に丸投げしたいという方もいます。
重要なのは毎日店を開くことであって、店を続けることです。細かい数字は気にしていません。お金が回ればいいのです。

このズレがあるため、両者の考えが一致しないことにつながります。

独立したら自分の経営方針を分かってもらう

独立を考えたときに、決算間際に資料だけを渡して税金をとりあえず計算してほしいというスタンスのお客様との付き合い方は難しいです。

今は、勤務税理士のため、このようなお客様と付き合っても大丈夫ですが、

独立すると時間が奪われるリスクが経営を圧迫してしまいます。

ひとり税理士は全てを自分でこなさなければなりません。

そのため、このようなお客様には、こちらの状況を説明し分かってもらい入力してもらうことが必要かもしれません。

または、こういう入力に時間がかかるお客様は何件までと自分の制限を設ける必要があるかもしれません。

最悪、顧問契約の解除になってしまうかもしれません。
それほどに時間は重要になってくると思います。

では、また。

Pocket