Pocket

会計事務所の規模が違うと何が違うのか

これから会計事務所に就職しようとする人や、仕事を会計事務所にお願いする人は、

何を基準に会計事務所を選ぶのでしょうか。

顧問料、売上高や人数などの会社規模、ホームページの綺麗さ、評判などではないでしょうか。

今挙げたような情報は、若い人ほどネットで検索して調べると思います。

しかし、これらの情報は、半分ホントで、半分ウソです。眉に唾をつけて見るべきだと思います。

会計事務所の仕事は、申告をするという点では基本的に同じなので、一面的な情報ではわかりません。

また、会計事務所の仕事は、担当制なのため、当然ですが個人によって能力が異なります。

どんなに大きな事務所でも新人は新人ですが、仕事は他のベテランと同じように申告書を作ります。

逆に、小さい事務所でも業界では有名な方だったり、国税庁出身の何かの専門家の可能性もあります。

これから、就職しようとする人や、仕事を頼むときは、くれぐれもネットの情報を信用しすぎず、

知り合いの税理士の紹介を受けたり、税理士会を利用してはいかがでしょうか。

会計事務所の規模の違い

私のケースだと、以前は30数人の会計事務所に勤めていました。
会計事務所としては中の大ぐらいです。現在は4名の小さい会計事務所に勤めています。

両者の違いを考えると以下のとおりです。

【大きい会計事務所のメリット】

  • 顧問先も比較的大きい会社(もちろん小さい商店も対応しますが)
  • 人数が多い分、サポートが充実している。
  • 社会保障、福利厚生が充実している。
  • 様々な案件に対応した実績がある。

【小さい会計事務所のメリット】

  • 1人で一から十まですべて対応(入力~申告)する。
  • 小回りがきく、規律が厳しくない
  • 顧問料の値引き対応が柔軟
  • 所長が他の税理士に顔が利く(ケース・バイ・ケースですが)

両者にはそれぞれメリットがあるので、自分の希望にあった会計事務所を探してください。
就職希望の人は、将来の自分のキャリアに合った事務所を見つけるべきですし、
税理士を探している方は、自分の事業にあった事務所を見つけるべきではないでしょうか。

では、また。

Pocket