Pocket

お客との相性

仕事をしていると、お客との相性が悪いなと思うことがあります。

自分の場合、相性が悪いと感じるのは、顧問料の多さや、作業量の多さは、あまり関係ありません。

一番気にするのが、お客の人間性です。(古い人間なので人柄重視です。)
人間的に誠実な方や、真面目な方は、仕事がスムーズに行きますし、お互い楽しく仕事ができます。

なので顧問料が低くても、作業量が多くても相性が良ければ、
我慢してでも役に立ちたいと思います。

この仕事は、お客に接する時間も長く、プライベートな部分に触れること多いので、
長く付き合うには、人間性が非常に重要な要素だと思います。

ですが、逆のパターン、つまり顧問料が高かったり、作業量が少なくても理不尽なことを言ったり、
傲慢な態度な人、見下した物言いの人は付き合いたくありません。

とはいえ、勤務税理士に仕事を選ぶ権利はなく、振られた仕事をこなす日々は、自分を削って生きている心地です(泣)

仕事は与えるものでも、貰うものでもなく対等な関係で付き合う方がうまくいはずだと考えています。
仕事をする上で、コミュニケーションは非常に重要です。
話しやすい関係ができずに、顧問先から重要な情報を得られない可能性もあるからです。

独立する際は、相性の良いお客と仕事がしたいですが、そんなに世の中うまくいきません。
相性の悪いお客と仕事をする時にどうするかは悩みますし、正しい対応が何かは今後考えなければなりません。
ただ、お金で繋がる仕事は長続きしないと思いますし、自分のストレスにもなるので、避けたいものです。

では、また。

Pocket